AIKA vol_3Aika

人一倍恥ずかしがり屋だったというAIKAが、何もかも見せてしまうAV女優という仕事を続けられる理由とは?抜群のスタイルを誇る人気ギャル女優の隠された素顔に迫る完結編。

自分の身体に自信を持ったことなんてないです

デビューして3年になるわけですけど、最初から長くやろうと思ってましたか?

全然。もうすぐ辞めるつもりでした。さっきも言ったけど、めっちゃ恥ずかしがり屋だし、エッチに対しても淡白だし。地元の友達とかにもバレてるんですけど、あの子がまさかやるとはってみんなに言われてるくらい。

続いているということは、やっぱりこの仕事に面白さを感じてるからなんですよね。

やっぱり現場の雰囲気がいいからかなぁ。この業界の人が好きなんですよ。「ちょっと内容キツイんだけど」って言われても、ここの現場で、みんなに会えるならやるって気になるんですよね。よく呼んでくれるメーカーさんは嬉しいですよ。私もこういうキャラだから、向こうも素で接してくれると、やりやすいんですよね。

女優だからといって特別扱いされるよりも、対等に接してくれる方がいいと。

それでもみなさんちゃんと気はつかってくれますしね。この業界って、居心地がすごくいいんですよ。

AIKA

そういうのって、たぶん外側から見てるとわかりづらいでしょうね。

現場って全然エロくないですしね(笑)。みんな真面目に仕事してるし、なんか学校みたいなんですよ。先生と生徒、みたいな感じ。

監督が先生で、女優が生徒みたいな?

そうですね。そのやりとりも楽しかったりしますし。この人たちと会えなくなるのはつらいと思うから、ずっとこの仕事を続けてるのかもしれないですね。

人に魅力があるということですか。

あと、他の女の子と共演するようになってから楽しくなったというのもありますね。女の子同士で仲良くなって、一緒に作品を作っていくのが楽しいんです。それまでは、他の女の子に見られるのが恥ずかしかったんですけど。

同性に、セックスしているところを見られたくなかった?

そうなんですよ。だから女のADさんが苦手だったんですよ。喘ぎ声とか聞かれたくないじゃないですか。メイクさんなんかは、撮影の時は席を外してくれる人が多いけど、見られてるとやっぱり嫌でしたね。

AIKA

じゃあ、乱交なんかも抵抗があったんじゃないですか?

最初は嫌だったんですけど、やってみたら、意外に平気だった(笑)。共演の現場をやっていくうちに慣れましたね。特にギャルって共演が多いじゃないですか。みんなのノリが超面白いんですよね。遊び感覚でワーッてできるから。こんなに笑いながらやってて、見てる人は興奮できるのかなーって思ったりしますよ。

乱交物だと、レズっぽいこともしますよね。

レズは……ちょっと苦手ですね。乱交の流れでキスしたり、おっぱい舐めたりはいいんですけど、やっぱり下の方は……。その後、その子と仲良くやっていけなくなるような気がする(笑)。あと、女だけっていうのは気まずいかな。そこに男が一人でもいると全然違うんですけどね。

では自分の身体で一番自信のあるところは、どこですか?

え、そんなところないですよ!

めちゃくちゃスタイルいいじゃないですか。

コンプレックスだらけですよ。ケツでかいし、腹出てるし、二の腕デブデブだし。クビレとかいわれても、骨盤が広いからクビレに見えるだけですよ。自信を持ったことなんて、一度もないです。

そのスタイルで、そんなこと言ってたら、他の女の子に怒られますよ!

インタビュアー/文=安田理央

このエントリーをはてなブックマークに追加

新着インタビュー

純愛☆妹アイドル マシュマロ3D

ギンギン♂ガールズ

Pinkey

@MARKS

AV女優別一覧